審査が厳しくなった理由

カードローンが身近なものになった一方で、審査に通らない人が実は多くなっています。身近でありながら審査には中々通らないというと矛盾しているようですが、これには理由があります。

 

元々カードローンの審査基準はそれ程厳しくなく、頼めば簡単に貸してもらえるような状況でした。その代り、金利が非常に高く、一度借入残高が増えてしまうと、中々完済できない契約内容でした。金利が高ければ、返済で払ったお金のほとんどが利息に消えてしまいます。中々元金が減らないので、完済できなくなってしまいます。

 

また、返金が滞るような事態が起これば、電話だけでなく、直接訪問をして取り立てるような手段も横行していました。威圧的な態度や、嫌がらせも実際に問題になりました。

 

しかし、この状況を重く見た国は、貸金業法の大幅な改正に踏み切りました。グレーゾーンと呼ばれる最高29.2%の金利を廃止し、実質的な上限金利を20.0%まで引き下げました。威圧的な取立てについても厳しく罰するようになりました。

 

金利も引き下げられ、取立て方法も大幅に制限されたため、カードローンの審査では以前のように誰にでも貸せる状況ではなくなりました。すでに他社で借入れしている人などに対しては特に警戒するようになりました。利用者としては低金利で安心して利用できる分、審査も慎重に行うようになったのです。

 

一昔前にはグレーゾーン金利によって各サービスの金利差が非常に大きかったため、一つに申し込みを行うと自動的に金利条件の異なる複数のサービスで段階的に審査が行われたりもしていました。

 

有名なものとして挙がるのが三井住友銀行カードローンやプロミスで、申し込みをすると三井住友銀行カードローンの金利で借りられる方は三井住友銀行で、貸せない場合には当時は上限で高い金利だったプロミスの利用となるようにスライドしていたのです。