銀行と消費者金融の違い

カードローンの金利などの条件は改善されましたが、その分審査も慎重になってしまいました。ただし、多重債務者や信用情報に傷がある人でなければ、審査に通る可能性は高いはずです。それでも審査に不安があるなら、銀行よりは消費者金融の方が、敷居が低いでしょう。

 

消費者金融の方が借りやすい理由は大きく3つあります。

 

まず、消費者金融の方が、銀行よりも金利が高めです。金利が高いと嫌がる人が多いですが、金利が低い程審査も厳しくなります。金利が高いと利息も高くなりますが、マイカーローンや住宅ローンと比べると、借入金額が少ないカードローンは、金利による利息の差は少なくなります。

 

2つ目の理由として、消費者金融大手には簡易審査が標準で実装されている点があります。年収や借入れ希望額、現在の借入れ状況などの簡単な質問に答えるだけで、融資できそうかどうかを瞬時に判断してくれるのが簡易審査です。こちらの名前や住所などの個人情報なしで試せます。まずは簡易審査を試してみて、問題なければ申込みしてみるという手段が、消費者金融なら採れます。

 

3つ目の理由として、実績があります。業務の多い銀行と違い、消費者金融はカードローンを専門に取り扱いしています。少ない情報で返済能力の有無を確認するスキルが消費者金融には備わっています。そのスキルがない銀行では、どうしても審査は慎重にならざるを得ません。

 

借りられるのであれば金利が低いオリックス銀行を使うといったカードローンの利用が良いのは言うまでもありませんが、カードローンは審査に通らないと意味がありません。自身の状況に合わせたカードローンが使えるよう、よく選んで決めるようにしましょう。