本当に借りられるのか

カードローンが社会的に身近な存在になっているのにはいくつかの理由があります。広告を頻繁に打ち出し、認知度が高まった点はその1つです。他にも、簡単に手続きができそうになった点や、取立て方法や利息について大幅に改善された点は見逃せません。

 

昔と比べて敷居が低くなった点は、カードローンを利用する人が多い理由として、とても大きいです。

 

ただし、カードローンは、一般的な広告のイメージ程手軽には借りられません。その最も大きな理由が、審査落ちです。お金に困って、欲しいものがあって、旅行に行きたくて、様々なきっかけでカードローンを申込む人がいますが、審査に落ちてしまって借りられなかったというケースも数多くあります。

 

カードローンを申込むなら、審査でどれ位の人が借りられて、何を見られて、どのような人が落ちるのかなどを、事前に知っておいた方が安心かもしれません。知ってからの申し込みであれば審査基準が比較的厳しいとされるオリックス銀行の利用審査であっても、そこまで怖くないものとなるのです。

 

 

どれ位の人が借りられるのか

実際にカードローンを申込んで、どれ位の割合の人が審査に通るのかは気になる点です。一部金融機関では、審査通過率が公表されています。審査通過率とは、カードローンを申込んだ人の中から、実際に融資を受けられた人の割合です。単純に、審査通過率が高ければ審査には通りやすいといえます。

 

気になる実際の通過率についてですが、消費者金融最大手のアコムは、審査通過率を公表している数少ないカードローン会社の1つです。アコムの審査通過率はもちろん変動しますが、45%~50%程度です。半分近くの人が審査に通っているという見方もできますし、過半数が審査に落ちてしまっているという見方もできます。

 

どちらにせよ、1つ言えるのは、アコムは審査通過率が高い消費者金融だという事実です。同じく消費者金融の大手であるアイフルでは通過率が45%前後、プロミスでは40%程度です。消費者金融は審査に通りやすいというイメージは強いですが、それでも審査通過率は半分にも満たないのです。

 

審査に通りやすいと言われている消費者金融ですらこの程度なので、金利の低い銀行のカードローンの審査はより厳しいはずです。

 

審査で何を見られているのか

審査通過率が良くて半分以下というのは衝撃的な事実かもしれません。しかし、審査で何を見られているのかをきちんと把握できていれば、カードローンの審査はそれ程問題ないはずです。

 

審査ではその人に返済能力があるかどうかを調べられます。返済能力には大きく3つの傾向があります。1つは収支の能力です。単純に収入が多い方が、たくさんの借入れをしても返済できるはずです。逆に考えて、借入れ希望額が収入に見合った金額であれば、審査に通りやすいともいえます。

 

2つ目は環境が安定しているかどうかです。環境が安定しているほど、いざという時にも逃げないできちんと返済してくれると見なされます。例えば借家よりも持ち家の方が、返済不能で逃げる可能性が低いでしょう。今の職場の勤続年数についても、長い程生活が安定しているとみなされます。

 

3つ目はお金の管理能力です。いくら収入が多くても、安易に借入れを繰り返したり、返済に回すお金をうっかり交際費に使いこんだりしていては、きちんと返済を行えません。お金の管理能力については、今までのローン契約や支払い履歴などから判断されます。

 

これら3つの項目の内、2つ目の環境の安定が、実は一番重要視されていません。逆に最も重要なのが3つ目の、お金の管理能力です。今返済が未納になっているローン契約があるのは論外ですが、過去に返済遅れなどの履歴がある場合、お金の管理能力がないと見なされてしまいます。審査に落ちるケースで多いのもこのタイプです。

 

普段からお金の支払いや返済をきちんと行っていて、多額の申込みでなければ、審査はそれ程厳しいものではありません。

 

大手の消費者金融の審査においても、しっかりと基本的な事項を抑えていればそこまで身構える必要はないのです。ただ、知らずに申し込みをしてしまう方が多いためにカードローン審査=厳しい、難しいといったイメージが定着してしまっています。

 

実際には有名サービスのプロミスでの審査であっても、しっかりとした安定した収入や過去の健全な利用状況があれば、難しいことなく手続きが進められるのです。